個別指導で合格に近づこう|難関校への受験を考える

ウーマン

全日制とは違った特徴

PCを操作する男性

千葉の通信制高校は、全日制の高校と異なるところがいくつかあります。通信制高校は自分のペースで勉強することができるというメリットがあります。家庭環境などの理由から、日中働かなければならない生徒も千葉には数多くいるでしょう。通信制高校は、そのような生徒にとって非常に助かる仕組みであるといえるのではないでしょうか。学校に毎日足を運ぶ必要がないので、自分で学習時間を決めることができます。自分の裁量の範囲で学習を進めることができるということは、学習の遅れを作らなくて済むことに繋がります。千葉の通信制高校は、月2回から10回のスクーリングとレポート提出、試験などを行なうのみで、後の時間は基本的に自由だという特徴があります。通信制高校に通う2つ目のメリットは、費用が安く、働きながらでも通うことができるということです。公立の通信制高校は、3年間を通して10万円程度しかかかりません。さらに、自由な時間が多いために、アルバイトをしながら学校に通うことも可能なのです。学費を払うことができないことが原因で全日制の高校に進学することができないという人でも、通信制の高校なら卒業することができます。

千葉の通信制高校には、現役で中学校から進学した人以外にも、一度社会人を経験してから、高校卒業の資格を取るために通っている人もいます。そのような人たちからは、さまざまな人生経験を聴くことができるでしょう。通信制高校には、このように普段接することのない人と接することができるというメリットもあります。